確実な売掛金回収


売掛金は企業間で商品やサービスをやり取りした際に発生することがあります。本来なら支払期日までには現金などの形で回収できるのですが、時折期日までに支払われず、売掛金が回収できないことがあります。もちろん売上が消滅するのをそのまま放置するわけには行かないので、売掛金回収を行う必要がありますが、その確実に売掛金を回収するためにも、気をつけておきたいことがいくつかあります。もし回収する側に立った際は、どう行動するべきか慎重に考えてみてください。

売掛金回収を確実に行うためには、商品を提供する段階での契約の徹底が大切です。そもそも売掛金が発生する段階で、支払いをどのように行うのかがはっきりしていないと、支払いが行われなくなる可能性が高いので、最初の段階で支払期日を過ぎた場合は、弁護士を置いて法的に返済を要求するなど、支払いが滞るとどうなるかを明記しておくことが大切です。相手側が契約書を用意した場合は、内容を吟味した上で、こちらが不利になる条件が書かれていないかチェックしましょう。

売掛金回収を行う際のポイントとしては、出来る限り穏便に済ませることを意識しましょう。支払いに数時間遅れた段階で訴訟を起こすなど、あまりに徹底した動きだと、取引先に良い印象を与えないので、最初のうちは文書での連絡や世間話からの確認など、企業間の連絡程度で話を解決するようにしましょう。それでも反応が無いなど、目に見えて問題のある行動に出たときには、プロである弁護士の回収方法の流れに沿って、素早く支払いの催促などの対応を指示してください。

推奨サイト|売掛金回収の方法《弁護士法人アディーレ》